※現在フリーダイヤルが繋がりにくくなっています。誠に恐れ入りますが、代表電話:03-5726-8300 までお掛けください。

Topics


  平成31年3月1日

 

 ・2トンワイドロングのゲート車等、トラック2台を増台しました。

 (投稿日現在の弊社トラック所有台数は11台です。)

 平成31年1月5日

 

 ・新年あけまして、おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

 ※誠に勝手ながら、平成31年1月より、「不動産業者様」、「不動産業者からのご紹介者様」、「弊社を過去にご利用を頂いた 個人・法人のお客様とそのご関係者様」 以外のお客様の新規受入を一時的に見合わせることとなりました。現在、鋭意受入体制の強化に努めておりますので、何卒ご理解、ご容赦の程お願いいたします。

 

平成30年12月20日

 

 ・関東運輸局、東京運輸支局にて、弊社届出の「貨物軽自動車運送事業経営」が受理されました。

 

平成30年12月8日

 

・弊社「不用品リユース回収サービス」について、野村不動産アーバンネット株式会社と業務提携契約を締結しました。

 野村不動産アーバンネットホームページ→https://www.nomu.com/

 

平成30年12月3日

 

・スマホLINE買取&リユース回収見積もりサービスを開始しました。

 

平成30年12月1日

 

・作業受け入れカレンダーをホームページ上に設置しました。

 

 

スマホLINE買取査定、不用品リユース回収見積り対応致します


スマホやタブレットにて買取査定・回収金額をお知りになりたいお客様は、下記のLINE友だち追加ボタンをタップし、登録後ご相談ください。    パソコンからLINE友だち登録を行って頂けるお客様は、下記QRコードの読み込みをお願い致します。(広告はありません。)   

 

 

リユース業界初!安心の不動産取引専門の不用品リユース回収会社です

お客様の担当は、不動産仲介経験10年以上のスタッフのみ。お客様と不動産仲介会社の間に立ち、不動産契約の履行を多方面から守ります。

※平成31年1月より、一時的に「不動産業者」および、「不動産業者からのご紹介者様とその関係者様」以外の新規受入を見合わせています。


不用品の片付けでお困りのお客様

お引越しの際に不要になった家財道具等、お片付けの方法について最善の方法をコンサルティングいたします。価値のある家財等はリユースを目的とした自社買取、また、専門的な業者の査定を希望される場合は専門買取業者の紹介も可能です。

お支払いのタイミングも不動産業者と連携し、ご相談に乗らせて頂きます。

多忙を極めるお客様

弊社は日頃多忙を極めるお客様に成り代わる姿勢で、お手伝いすることを心掛けています。急なご依頼や深夜のお問い合わせでも24時間受付(メール、FAX)対応いたします。(電話は9:00~21:00)

作業時の近隣の方等へのご挨拶も懇切丁寧に行いますのでご安心ください。

初めてご利用されるお客様

不動産取引において発生するお悩みなら、どんな些細なことでも結構です。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせは右上のお問い合わせフォームか直接お電話にてお問い合わせください。(電話によるお問い合わせを推奨いたします)


おすすめ特集(弊社、業界最安値挑戦コンテンツ)


不用品の買取、リユース回収

不用品の買取をいたします。

また、お部屋の片付け、リユース品の回収、ごみの仕分けサポートの、回収作業代は業界最安値保証いたします。(縁故関係の業者、違法な廃棄物処分業者の見積もりは除きます)

庭木の剪定、伐採、草刈り

10年以上のベテランスタッフが剪定・伐採作業を行います。また、不動産売買における樹木や枝葉の越境の解消だけでもお気軽にお問い合わせください。

荷物の運搬、引越し

軽貨物の運搬は、距離制で運賃を頂いており、10Km圏内、1台25,000円~対応しております。また、貨物軽自動車事業の範囲にて引越しも承ります。

産業廃棄物収集運搬

産業廃棄物の処理責任者は各排出事業者様となります。弊社は適正価格にて産業廃棄物の収集運搬を行います。

業種ごとに作業内容は異なりますので、詳細は弊社までお問合せください。


不用品リユース回収事業 作業受け入れカレンダー


【◎受入中】 ・・・作業日として対応可能な状態を指します。

【△混雑】 ・・・・現場対応が中程度に達し、半日程度の作業のみ受け入れが可能な状態を指します。

【×予約不可】・・・現場対応が上限に達し、当日作業の新規受付ができない状態を指します。

【原則定休日】 ・・リユース回収は関係先の都合上、原則対応はできません。軽作業は可能な場合があります。

・ご注意!

※毎朝8時に更新します。

※カレンダーが受入中になっていても、当日予約が入り、更新できていない場合があります。

※予約不可となっていても、キャンセルが入る場合もありますので、適宜弊社までご確認いただければ幸いです。

※ご予約は原則先着順とさせて頂きます。

※回収作業のみ現場が特定されない範囲で作業現場住所と建物種別をアルファベット表示にて反映しております。

 (M=マンション、H=戸建て等)回収以外の作業日の確認は弊社までご確認ください。

 

エコ東京株式会社 ヤフーショップ(ストア)・リサイクルショップ


ヤフオク! 2019年4月度 出品マスター シルバー

※ヤフーショップ内にて販売しているものは、店舗でも販売しています。

※店舗ではヤフーショップに掲載されていないものも複数販売しております。

※リサイクルショップ販売ページを現在作成中です。

 

弊社買取実績


エコ東京ヤフーショップにて販売しているものもございます。是非ご検討ください。

■弊社買取品目(弊社基準により買取できない場合もございます)

【家電】テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン(製造後5年以内)

【楽器】ギター、ベース、電子ピアノ、ピアノ、エレクトーン

【カメラ】一眼レフ、レンズ、デジタルカメラ、ビデオカメラ

【オーディオ】スピーカー、アンプ、コンポ、デッキ

【PC】ノートパソコン、デスクトップ、PC周辺機器

【スマホ】タブレット、アイパッド、アイフォン、アンドロイド

【自転車】ロードバイク、クロスバイク、電動自転車、BMX

【ブランド】家具、財布、小物・アクセサリー、時計

【その他】美容機器、カー用品、スポーツ用品、ゴルフ用品、金、プラチナ、骨董・絵画、他

不用品リユース回収依頼のお客様の買取は査定10%UP↑します

ご希望がある場合は、見積時に弊社買取部門の担当者と同行しますので、事前に「買取希望」とお伝えください。

弊社は「有価物の買取、不用品(リユース品)の回収業者」です               無許可の「廃棄物(ごみ)処分業者」にご注意ください


 本ホームページで記載している【リユース回収サービス・お部屋の片付け(ごみの仕分けサポート)】とは、お客様が不動産売買や賃貸等による建物等の明け渡しをしなければならない際に、建物等の室内外にある「物品(有価物)」や「ごみ(廃棄物)」の片付けについて、当社が有する古物商許可及び家電リサイクル券システム取扱店の範囲にて、リユースを目的とした「物品(有価物)」の買取回収を行い、「ごみ(廃棄物)」については、「ごみ(廃棄物)」の仕分け等を代行(手伝い)するサービスとなります(家電リサイクル品の廃棄物については当社で回収が可能です)。

 

また、一次的に当社基準により買取ができない(例:物品の性状や年式等から、再販価格が安価で経済的合理性が無い)と判断した物品のうち、お客様がその物品について、「ごみ(廃棄物)」ではなく、修繕や清掃等の作業を行えば、リユースが可能な「物品(有価物)」であると認識し、その作業を当社に委託して社会資源として還元してほしい(社会貢献意識)という依頼があった場合は、当社が物品の性状、流通市場、物品の管理、弊社倉庫の保管余力等を総合的に勘案し、修繕や清掃等修理・再生メンテナンス)の作業を請け負うことで、リユースが可能と判断したものにつき、その「物品(有価物)」の無償譲渡を受け、リユース目的での修繕・清掃等の作業代を申し受けて回収を行うサービスも含まれます。

 

「循環型社会形成推進基本法」の基本原則において、リユースはリサイクルよりも上位に 位置づけられ、基本計画において「リサイクルに比べ取組みが遅れているリデュース・ リユースの取組み強化」が施策の柱として位置付けられています。 リユースは、製品の使用期間の長期化や廃棄物の発生抑制に寄与するとともに、製品 製造時、廃棄時の資源消費・環境負荷を回避することにもつながると考えられ、推進していくことが求められています。

 

上記の循環型社会形成推進基本法から、当社は、不用品を「ごみ(廃棄物)として処分する」のは、最早「時代遅れ」であり、現代の社会は、不「要」品として、有価物としてリユースし、ごみの削減に貢献する時代であると考えています。

  

なお、「物品(有価物)」ではない、ご家庭内の「生活ごみ(廃棄物)」や「粗大ごみ(廃棄物)」の処分は一般廃棄物処理法・家電リサイクル法、小型家電リサイクル法等の関係法規に従い、適正に処理して頂く必要があります。

 

■当社は有価物の回収を行い、「リユース」いたします

 ごみ(廃棄物)を処分する為の回収は行っておりません。

 ※弊社が回収可能な範囲は、有価物、専ら物、「金属くず・ 古紙・

  繊維・空き瓶類」、及び、家電リサイクル品(家電リサイクル券シ

 ステム取扱店)となります。

 

■「廃棄物処分の無許可業者」にご注意ください

 

違法な不用品回収業者について知っていただきたいこと

東京都環境局 更新日:2018年2月9日

1 現状
 無料又は格安の料金で家庭内の「廃棄物」を回収すると広告している業者に引き取りを依頼したところ、高額な料金を請求された等のトラブルに巻き込まれる被害が後を絶ちません。

2 不用品回収業者の業務形態※弊社は下記業態を行っていません。
 街中を回る「スピーカー回収型」、各家庭のポストに投函される「チラシ回収型」、インターネット上で見積りを取った上で、各家庭を訪問する「ネット回収型」等があります。

3 トラブルに巻き込まれないために
 こうした業者は、廃棄物処理業の許可を持たずに不用品回収を行い、見積り額とは異なる高額な料金を請求するケースが多々あります。こうしたトラブルに巻き込まれないためには、事前に不用品回収業者が必要な許可を受けているかどうか等を良く確認してください! 

弊社CSR活動


エコ東京株式会社は、皆様から頂戴する売上金の一部を、下記団体の活動支援金に充てています。

 

■難病や怪我で苦しむ人々を救う「京都大学iPS細胞研究所」へ寄付 http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/fund/

■公益社団法人「日本介護福祉士会」へ寄付 http://www.jaccw.or.jp/home/index.php

■病児・障害児保育室を運営する「認定特定非営利活動法人フローレンス」へ寄付 https://florence.or.jp/

 

弊社は積極的に社会問題の解決に携わっていく会社でありたいと考えております。お客様の中でも、もし何らかの社会問題の解決や、その関連団体に携わっていらっしゃる方がおられましたら、微力ながら弊社も支援を検討いたしますので、情報提供を頂ければ嬉しく思います。